お彼岸に思うこと


3月21日はお彼岸です。
おはぎを食べて、お墓参りをするのが日本の習慣ですよね。
でも、ちょっと考えて…。彼岸とは、あちら側のこと。
つまり「あの世」 彼岸の反対は、此岸。こちら側、つまり「この世」。

生きてる人間の世界ですね。

春分の日と秋分の日は、昼と夜の時間がちょうど同じとなるとき。
これが、なぜか 「あの世」を意味する「お彼岸」と呼ばれているのですよね。

大乗仏教では、西にはあの世、西方浄土があり、阿弥陀如来がいらっしゃる。
これは、多くの日本人の知るところです。
では東は?東には、どなたがいらっしゃるのでしょうか?

これは、薬師如来なのですねえ。 東には東方浄瑠璃世界があり、人々を病の苦しみから救ってくださる。
つまり、東は「生」世界で西は「死」世界というわけですね。
春分と秋分はこの、生者の世界と死者の世界のバランスが等しい日なので、一番死者を身近に感じる日なのですね。
だから、お墓参りしてご先祖様や先に逝ってしまった懐かしい人に会いにいくのですねえ。

さて、なぜおはぎを食べるのでしょうか?
これは諸説あるようですが、基本的には、邪気をはらうとされる小豆を使用した超ご馳走という位置づけのようです。

さらに、「おはぎ」は秋分の呼び名で、同じ食べ物を季節の花にたとえて、春分は「牡丹餅」というのだそうです。
ちなみに、夏には「夜船」冬には「北窓」というのだそうです。
この二つの呼び名は言葉遊びで、
夜船→夜の船は暗くて岸につかない
北窓→北の窓からは月が見えない
ということで、どちらもおはぎの「もち米をつかないでつくる」ということを指しているとのことです。

まあ、どうでもいいことですが…ね。



Copyright © 吉次の時間 All Rights Reserved.