お稽古事は雅楽です


龍笛を習い始めて4年になります。

龍笛とは、雅楽を演奏する横笛のことです。
「まるで、龍の鳴き声のようだ」ということで、龍笛と名付けられたそうですが、龍の鳴き声なんて誰が聞いたのでしょうかね?

最初は全く音がでませんでした。
私は早いほうだったようですが、一か月ぐらいは音出なかった…。難しいのです。 今でも、調子が悪いとでない音があります。
でない、というよりも、音は出ているのだけれど不正確だったり、冴えない音だったり…と ばらつきが生じてしまうのです。

しかし、調子が良いと本当にいい音がでます。
まるで、巨大な生き物が唸りながら高音を発するような…
巨大な洞窟とか、うっそうとした森を突風が吹き抜けるときのような…音になるのです。
音を言葉で表現するのって難しいですね。

雅楽は最古のオーケストラといわれています。
雅楽が中国や朝鮮を経由して、日本に伝えられたのは飛鳥時代と言われています。 ものすごく古い歴史があるのです。
奈良時代、平安時代と雅楽は日本独自の発展を遂げました。
武士の時代になってから雅楽は衰退してしまいますが、今でも日本中の雅楽団体が継承してます。

雅楽は世界の宝物です。
何故なら、最古のオーケストラはもう日本にしか残っていないのです。
本家の中国には、もう雅楽は残っていません。

楽団での雅楽演奏も楽しく素敵ですが、
わたしは龍笛独奏が大好き!
温かくなってきましたから、また近所の河原で龍笛の練習をする日々が始まります!




Copyright © 吉次の時間 All Rights Reserved.